メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 台所お役立ち情報 >

 キッチンの蛇口水漏れ、単水栓・混合水栓・シングルレバーそれぞれの原因や修理方法

キッチンの蛇口と水漏れの原因

水を使い終わってしっかりと蛇口を締めたはずなのに、気が付いたら水がポタポタ垂れていたという経験はありませんか。特にキッチンなど毎日頻繁に開け閉めをするところがこの状態では困りますし、水道代にも影響してきますよね。キッチンの蛇口の水漏れの原因として多いのが、老朽化やパーツのゆるみ、パッキン部分の劣化などが挙げられます。パイプの内部にゴミなどの異物が入り込んでしまっているケースも考えられます。また、水が止まらない場合はバルブが故障している可能性も考えられます。これらのトラブルはホームセンターなどに販売されているパーツを使用して自分で修理できるものもあるかもしれませんが、きつく締めすぎたりして逆にトラブルになることもあるので、やはりプロの修理業者を呼ぶのが一番早いですし、安心な方法です。業者は呼べばすぐに駆けつけてくれるとは思いますが、それまでの間は漏れている箇所に厚めにタオルをあてがったりして簡単な処置をしておきましょう。電話をする際にどこの部分から漏れているのかをしっかり観察しておくと業者も原因を推定しやすく、来てからの作業がスムーズになります。

キッチンの蛇口が水漏れし始めたらパッキンを疑おう

キッチンの蛇口の水漏れの経験がある方は多くいるでしょう。水といっても少しなものなので、気にしない方もいるかもしれません。しかし、水道代のことを考えると、いつまでもそんなことは言ってられないものでしょう。水の音もなんだかんだ気になって不快になってしまうものです。キッチンは、毎日の使用も欠かせない場所なので、早急に直せるように対策をとりましょう。まず原因を探らなくてはいけませんが、まず、疑うべき場所は、パッキンの存在です。この部分が劣化をしてしまうとどうしても、水が漏れてしまうようです。新品のものと取り替えれば、すぐにおさまるようなので、意外と簡単に修理できるのではないでしょうか。また、材料や工具もホームセンターなどで、簡単にそろえることが出来るでしょう。しかし、難しい形状の蛇口など、自己判断での修理は難しいと思われる場合などは、業者に頼んだほうが、確実な対策が出来るでしょう。お金は掛かると思いますが、プロの方の仕事を見習い、勉強することも出来るでしょう。衛生的で健康的な生活を送るためにも、水のトラブルはなくしていきたいものです。

キッチンの水漏れと修理

キッチンは水を使う場所ですから、よく水漏れが起きます。その発生場所は、水道蛇口からとか蛇口の根元かとかシンクの下からとか配管からとかがあります。ここで、水が漏れる原因は、老朽化やパーツのゆるみや破損などです。蛇口からの水が漏れている場合は、水が漏れている場所を確認する事が大切です。本体とパイプのつなぎ目辺りから水が漏れている場合は、接合部のパッキンの劣化やナットが緩んでいます。この修理は、水道の元栓を閉めてから、ナットを締め直したり、パッキンの交換をすれば治ります。
しかし、ナットを締めすぎたりすると、余計に状態が悪くなる場合もありますし、パッキンも対応するものが市販されていない場合もありますので、注意が必要です。蛇口の根元からの水漏れは、蛇口そのものの交換が多気ので、プロの人に頼んだ方が早いです。シンクの下から水が漏れている場合は、排水パイプとかジャバラホースのどこからか水が漏れているので、水を流して、どこから水が漏れているかを見つけましょう。簡易的には融着テープでぐるぐる巻きます。テープをまく前に水滴をふき取る事が大切です。ナット接続部から水が漏れているときもナットが隠れるくらいテープをまいてください。しかし、確実に直すには、排水管やジャバラテープの交換をしなければなりません。キッチンの水が漏れる場合これ以上は、専門家に頼んだ方が、早く、その時は、複数見積もりを取る事が大切です。

キッチンの水漏れと修理、壊れ方によって値段は変わります

住宅機器も電気製品も、故障は徐々に不調になる場合と突然起こる場合があります。器具や湖沼の内容によって、とりあえず不調でも使える場合や、しばらく様子を見る余裕がある場合と、一刻の猶予もない場合がありますが、キッチンの水漏れなど、水回りは早急な対処が必要です。水は、目で見えない小さな隙間からも流れ出るため、キッチンの一か所で漏水を見つけたら、もしかしたら原因はそこ以外にもあるかもしれません。もしほかにも漏水個所がある場合、例えば床や壁の内側で、建材の期にしみこんでしまうと、建物の構造自体をむしばんでしまったり、そうでない場合でも階下へも水漏れが起きてしまうかもしれません。被害が拡大する前に早急な修理が必要ですが、老衰の原因や症状によっても費用はまちまちです。たとえば、水道管の途中にモノが詰まって流れないことが原因の場合は、モノを回収できれば完治だし、一部分の部材の劣化や不良の場合も比較的補修は容易で低価格です。しかし、水道管自体が劣化していてたり、詰まりや漏れの箇所が広範囲にわたる場合、補修の工事も大掛かりになり費用も高額になることがあります。被害が大きくならないよう、不調に気づいたら早目の対応が肝心です。

混合栓の場合の蛇口の水漏れ修理

混合栓の蛇口の水漏れ処理の仕方をご存知ですか。まずは、漏れてくる水が無駄になるのを防ぐためにバケツを用意しておきましょう。そして、元栓を締めましょう。元栓を締めるときは、斜めにならないようにゆっくりと締めましょう。元栓は、締める機会が少ないため、雨水等で錆びてしまうことがあります。錆びた元栓を強く締めてしまうと、破損する危険があります。そして、早急に業者を呼びましょう。水漏れは、修理をしたことがない人では絶対に治せません。逆に、とんでもないことになってしまうことがあります。大変なことになる前に業者を呼ぶようにしましょう。最近は、すぐに修理を終わらせてくれますし、分からないことはなんでも教えてくれます。修理だけではなく、その他のパイプ、水道を点検してくれるのでトラブルが起こってしまう前に防いでくれるサービスもあるのが魅力的です。蛇口周りの掃除もしてもらえるため、サビがついて破損することもなくなるでしょう。業者は、私たちの悩みや不明点を解決してくれます。親切で、気が利く人ばかりなので初めての人でも安心して利用することができるでしょう。

蛇口の水漏れ、解決したいなら業者に点検してもらおう

蛇口の水漏れを解決したい場合には、業者さんにきちんと点検をしてもらうことがとても大事です。これはなぜかというと、素人では、いくら頑張っても分からない点がたくさんあるからです。水漏れの原因としては、経年劣化による、部品の痛みなどがあげられます。
これらのことから、素人では、原因が分かっても、対応がとても難しいことがあります。その点、プロの業者さんの場合には、水漏れを見つけた場合、最善の方法でなおしてくれますので、困った場合やきちんと原因を知りたい場合には、すぐに依頼をしましょう。また、水漏れになってしまう原因として、他には、冬場に凍結などがおこってしまい、そのため、うまく水が出ない…ということなどもあげられます。ただ、これは寒い地方などでおこる現象です。都会から引っ越してきた人が、原因が分からずに何だろう…と思っていた際に、トラブルが自然の現象であった…ということもあります。これらのことも、業者さんであれば、その地域の自然や環境、温度などにも詳しいため、きちんと解決をしてくれます。
また、原因をつきとめることで、今後どのように扱ったらよいのかも、教えてくれます。

キッチンの水漏れ修理、単水栓と混合水栓の違い

吐水口から、ハンドルから、もっと根元の方から・・・。キッチンの蛇口から水漏れが起きたとき、必要な知識さえあれば修理を行い、止めることは可能です。その知識修理知識の一つとして、単水栓と混合水栓の違いを説明します。前者はハンドルを左へ回すとスピンドリルが上がり、せき止められていた水が解放され蛇口から吐水される仕組みのものをいいます。非常に一般的な蛇口がこれです。ハンドルをひねれば、水か湯の一方のみを蛇口から出すことができます。後者は、二つのハンドルが設えられ、ハンドルを回すことでそれぞれから湯と水を流し、混合されたものが蛇口から出てくるものをいいます。熱いお湯がでるハンドルを回し、水のハンドルを回して温度を調整する、といったタイプのものです。両方とも基本構造は一緒なので、工具と交換パーツ、基本的知識があれば修理可能です。以上のことから、簡単そうに見える修理ですが、注意点があります。混合タイプのものはハンドルが構造的に複雑なものがあり、これを解体して修理するのは難しいです。最近のキッチンではレバー式の、ひとつのハンドルでお湯と水を調整できる混合タイプが主流となっているため、これにむやみに手を出すことはやめた方がいいでしょう。

キッチンの水栓、水漏れかもと思ったら業者に連絡

キッチンの蛇口や水栓などから水漏れが起きることが有ります。従来であれば、パッキンを交換すれば、ぽたぽたと落ちる水を阻止する事が出来たわけですが、最近のキッチンで使われている水栓は複雑な構造をしている事からも簡単にパッキンを交換する事は難しくなっているのです。水がポタポタと落ちてしまうのは、内部に在るパッキンなどの劣化が原因で有ったり、機能的な問題で水がポタポタと落ちてしまう事もあります。水は1滴が落ちるだけであり、特別問題は無いわけですが、それが長時間続けば水の無駄遣いにも繋がります。因みに水道代というのは、水道から出て来る水の量と、配水管に流す水の量の合計と言う事になりますので、蛇口などから漏れて来る水が長時間になれば、それなりの水の無駄遣い、排水への無駄遣いに繋がるわけです。蛇口を閉めても水がポタポタと落ちるようであれば、早目に業者に連絡をする事が大切なのです。配水管が詰まる事で業者に連絡をするのと同じで、水が漏れている状態をそのままにしておけば、より多くの水が漏れだす事もありますので、近くにある業者に連絡をして、修理をして貰う事が大切なのです。

シングルレバーの水漏れの原因と対策

蛇口の水漏れで困ったことはありませんか。起きてしまった場合は業者に頼む前に、自分で直せるか試してみる事をお勧めします。まず一般的に蛇口といっても色々な種類のものがあります。ハンドル式やサーモスタットなどもありますが、ここではシングルレバー式について原因と対策を挙げてみようと思います。ハンドル下からの水漏れの場合は、バルブの交換が必要になります。止水栓を閉めてから、ハンドルを外し、ナットを緩める事でバルブを外すことができるので、メーカーに連絡をしたり、ホームセンターなどで同じ型番のバルブを仕入れ交換しましょう。スパウト部分からの場合はまず、パッキンを疑ってください。パッキンにも異常がない場合はスパウトの交換が必要です。これは、メーカーに連絡をして入手するのがよいでしょう。スパウト上部の場合はバルブの異常の時もまれにありますのでバルブの交換も試してみてください。最後に蛇口の結合部からの場合です。このケースではナットの緩み、パッキンの不良が考えられます。ナットの緩みのケースでは絞め直してあげればよいだけです。ナットをみても緩んでいない場合は、パッキンの交換により対応できるでしょう。このように、少しの手間で業者に頼むよりも安く直せることもあるので、まずは自分で点検、修理を試してみてください。

シングルレバーの蛇口の水漏れはプロに頼もう

水道のトラブルは突然やっています。普段使いなれた蛇口から水が漏れる・・・。そうした急な事態に、どういった対応をすべきでしょうか。水漏れのトラブルを扱うプロの業者に頼ることが、まず間違いないでしょう。ただし、相応の料金を支払うことになります。それゆえ、自分の手でどうにかならないかと、ネット等を利用して、策を練るかもしれません。自身の手で修理をすることは、決して不可能ではありません。むしろ、ネット等での修理マニュアルを覗けば、意外と簡単に行えそうな気分になってきます。というのも、修理と言ってもとどのつまり、劣化したパッキンを交換するか、緩んだナットを締めるかといった、単純な作業のように記載があるからです。しかしながら、それは蛇口の種類によるところが大きく、そのタイプによっては、自身での修理は断念した方が賢明な場合があります。特に、シングルレバータイプのものは、その機構が複雑で、分解修理は難しいものです。素人判断で分解し、余計にお金と手間がかかる事態も考えられます。ですので、無理に修理をしようとせず、プロに任せて料金を払うことがベストであるといえるのです。

シングルレバーの水漏れの原因と対策

蛇口水漏れシングルレバーとは、シングルレバー水栓において発生する水漏れの事象であります。従来の蛇口と同様で、シングルレバー水栓も消耗部品によって組み立てられている特徴があります。長く使い続けることで、全体的な経年劣化が進みます。内部の部品が著しく劣化して、止水をすることが困難になります。金属部分も同様に劣化をするのですが、ひどくなれば水垢などの汚れが進行してボロボロになってしまいます。蛇口水漏れシングルレバーの現象を予防するためには、定期的なメンテナンスと交換が必要です。内部の部品を交換するのは、数年に1回でも大丈夫です。金属部分は摩耗をすることは明らかですから、あまりにも長く使い続けることはできません。何度もレバーを上げ下げすれば、金属疲労も起こしてくるのです。レバーにガタツキがあるようなときには、構造的な欠陥が発生している可能性があります。完全に歪んでしまったときには、全てを交換するほうが得策です。耐用年数を明らかに過ぎて使うようでは、本来の機能を十分に発揮させることができません。古くなったものは更新させて、最新のシングルレバー水栓を取り付けるほうがメリットがあります。

蛇口シングルレバーからの水漏れは専門工具がないならプロに見てもらおう

蛇口水漏れシングルレバーという問題が発生したときには、プロの業者に修理をしてもらうことが得策です。シングルレバー水栓は、従来の蛇口とは構造が異なります。使われる部品も違うため、素人が必要な部品を手配することは極めて困難です。しかも、必要となる工具は家庭にはないことがほとんどです。必要な工具がなければ、修理をすることは絶対にできません。蛇口水漏れシングルレバーの問題を解決できるのは、水回りの修理で熟練した技術を駆使できる業者です。大抵の場合は、地元で評判の水道業者を見つけられるはずです。水漏れが発生するのは、昼間だけとは限りません。深夜に水漏れが発生すると非常に不便なことになります。長時間にわたって元栓をしめておくわけにもいかないため、24時間対応で出張修理を行ってくれる水道業者を選びます。業者は緊急時には素早く駆けつけて修理をしてくれます。地元の業者であれば、迅速な対応が可能です。修理をする場合は、蛇口の交換が必要になる場合もあります。部品の交換だけで済む場合は、修理費用は安くなります。シングルレバー水栓は、消耗品ですから経年劣化は必ず進行することを知っておくことが大切です。

ケレップ・コマ・パッキン、水道蛇口の水漏れの原因となる箇所

水道蛇口の水漏れ箇所となるのは、ケレップやコマ、パッキンなどの部分です。どの部品も消耗することが避けられないものですから、定期的に交換しなければいけません。消耗部品が使われていることを理解して、日々のメンテナンスをしていくことが大事です。しっかりと手入れをしていても、いつかは交換をしなければならなくなります。パッキンなどの消耗部品は、ホームセンターなどの店でも売られています。自分で修理をするときには、蛇口の形状に合わせるように部品を選ぶことが欠かせません。水道のメンテナンスについては、複雑な部分でなければ個人でも行うことは可能です。しかし、重大な問題が発生したときには修理のプロを呼んで対処をしてもらうほうが安心できます。コマやパッキンなどは、水道を利用するたびに動かされるものです。金属部分は長く使っていれば摩耗もしてくるもので、ゴムの部分は弾力が失われていきます。部品として本来の機能が失われてしまえば、水道にとっては大きな欠陥となります。数年で駄目になることはあまりありませんが、10年以上も部品を交換していない場合であれば、トラブルが発生する可能性が高まります。

水道の蛇口の水漏れを解決したいなら業者が一番

水道の蛇口は、意外と複雑に組み立てられています。部品を買ってきて自分で水漏れを直すこともできますが、部品の種類を間違えてしまうだけでも失敗してしまいます。管の部分までがボロボロに劣化してしまう場合は、蛇口の交換も必要になることがあります。修理をしたり、交換をするためには知識と経験も必要です。個人では難しいのは確かですから、無理をしないでプロの業者に修理をお願いしたほうが無難です。無理に自分で修理をして失敗すれば、台所などが水浸しになる恐れもあります。深夜であれば対処は困難ですが、24時間対応で修理をしてくれる業者に依頼すれば大丈夫です。業者の人は、部品の種類や組み立て方について熟知しています。どの部品が傷んでいるのかをすぐに把握してくれますから、修理を迅速に行ってくれます。水道のトラブルは、忙しいときなどに起こることも多いのです。忙しさに追われているときに個人で修理をすれば、失敗をする可能性も高くなります。失敗をして正常な部品まで駄目にしてしまえば、後から余計に費用がかかることになります。プロに依頼すれば修理費用はかかりますが、確実に水道のトラブルを解決してくれます。


作業前


作業中


作業後

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

ページトップ