メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 台所お役立ち情報 >

 台所の水道栓の修理や交換、蛇口の水漏れの原因と対処法

台所の排水口からの異臭がする

台所の排水溝に亀裂が発生してしまっていたり、穴が開いてしまっていると、水漏れ現象によって床下に生活排水が流れ込んでしまいます。コンクリート基礎は水の侵蝕に強いですが、コンクリート基礎の上の土台や柱が木材だと、腐食してしまうこともあります。台所の排水口から異臭が漂ってきていたら、注意したいポイントが、ふたつあります。ひとつは、排水口周辺と排水管内部の汚れの蓄積です。もうひとつは、排水管内部の蓄積物による排水管腐食現象です。排水口周辺と排水管内部の汚れの蓄積が原因の異臭は、汚れを除去することで除去することが可能ですし、日ごろの清掃で予防することも可能です。しかし排水管内部の蓄積物が原因となっている異臭の場合は、水漏れを誘発する可能性のある腐食の進行が懸念されます。薬剤や熱湯だけでは、排水管内部の蓄積物を分解するのは困難なことも多いのです。しかも排水管内部の蓄積物を分解するために流し込んだ薬剤が複数になってしまうと、化学反応で排水管そのものを腐食させてしまうことがあり、時として清掃目的の薬剤が遠因となって水漏れ発生原因になってしまうのです。

台所の水が流れにくくなる

家で毎日使うところといえばトイレや台所、お風呂など水周りです。台所は食事の準備、皿洗いなどで水を流していることが多いです。シンクの掃除、排水溝の掃除は特に嫌がられてしまい、なかなか毎日やらないという人も多いです。「なんだか水が流れにくくなった?」と思いながらもちょろちょろと少しずつ流れていればいいと放置してしまうと大変なことになります。意外と気づかれないのが、水が流れにくくなるのは水漏れ発生の予兆なのです。壁や床下の中の配管が水漏れしていて気づかなかったが、気づいたときには下の階が水で湿気てしまい壁紙がはがれていたということもあります。このような場合、修繕費はとても高くついてしまいます。どんなこともそうですが、早期発見と予防が大切です。また水漏れしているとカビも発生しまい体調にも悪影響を及ぼします。そしてさらに害虫が発生してしまいます。水は私たちにとって大切な資源ですが、虫や菌を発生させてしまうので気をつけなければなりません。もしも排水溝は詰まってないのに水がながれにくくなったかも?と思う場合は、配管に目を向けてみて定期点検を行うとよいでしょう。

水道栓の修理は状態によっては交換の方がお得な場合もある

家庭の水道トラブルで一番多いのが水道栓(蛇口)からの水漏れです。ここからの水漏れの原因は、そのほとんどがケレップ(コマ)やパッキンの損傷によるものです。ですので、これらを交換すれば解決することができます。しかし、状態によってはこれらを交換しても水漏れが解決しないことがあります。このような場合は、水道栓本体に何らかの原因があると考えられ、修理が必要となってきます。ある水道工事業者に依頼されたトラブルで、「キッチンの蛇口の水漏れがひどいので修理して欲しい」という依頼がありました。依頼された水栓をチェックすると、最近主流となっているシングルレバーの混合水栓でした。このような水栓にはパッキンが入っていないので、シングルレバーカートリッジの交換となります。また、お風呂場のサーモシャワー混合水栓の場合は、水道の開閉部分にパッキンが入っていないものもあり、この依頼者宅のものはそれにあたりました。このような場合も、切換え弁と呼ばれる部品を交換したほうが、長い年月を使用することから考えてもお得になります。ホームセンターなどでは、「自宅で簡単に行えます」と言われることもあるようですが、知識が無いのに行うとトラブルを起こすこともありますので、業者に相談した方が良いです。業者によっては、出張費などもかからずお得行ってくれる良心的な業者もありますので、一度相談してみるのも良いのではないでしょうか。

水道栓の修理をしたいのに業者がスグに来てくれない場合

緊急的な対処が必要になる水漏れが水道栓から発生したときには、迅速に修理業者が来てくれるとは限りません。山奥に住んでいる場合は、相当に時間がかかる場合もあります。24時間で対応してくれる業者が地元の近くにない場合もあるのですから、何とかして急場をしのぐ必要があります。まずは元栓を締めることが必要ですが、トイレなどに使う最低限の水は風呂桶などにためておきます。飲料水についても必要な分をペットボトルなどに入れておけば、元栓を止めても何とかなります。元栓を締めてしまえば、水漏れは止まります。元栓を締めてからは、業者が来てくれるまでどれくらいの時間がかかるのかを調べます。特別な事情がなければ数日もかかることはないはずですから、少しだけ辛抱をする必要があります。水道栓の部品が劣化したことが原因の水漏れであっても、元栓を締めてしまえば必ず止まります。慌てることはないのですから、落ち着いて行動をすることが大切です。業者が来てくれれば、修理は20分程度もあれば終わります。水道栓の中にあるコマなどの消耗部品を交換すれば、水漏れが止まるはずです。水道栓のトラブルは、適切な処置をすれば恐れることはありません。

台所で水漏れしたら?自分でできる応急処置の方法

台所の水漏れの主な原因は、排水設備の老朽化や破損、パーツを留めている部品のゆるみなどです。これらがどこの部分で発声しているかということを突き止めなければなりませんので、蛇口や蛇口の根元、シンクの下、給水管、配管など、どこがぬれているかを調べてみる必要があります。蛇口から漏れている場合には、本体とパイプのつなぎ目から水がでていればナットを締めなおしたり、パッキンを交換することで改善するケースがほとんどです。どうしても止まらない場合には、手元止水栓を締めてから業者を呼ぶと良いでしょう。また、蛇口の付け根部分からもれている場合には、蛇口そのものを交換しなければなりませんので、その旨を業者に伝えて速やかに修理に来てもらいましょう。台所の床やシンク下の収納が濡れている場合には、水槽と排水パイプの接合部、シンクとキッチンの作業台の天板などに隙間ができている可能性があります。コーキングで改善することもありますので試してみましょう。パイプからの漏れに対しては、テープで締め付けるように留めてみることで改善するケースがあります。いずれも応急措置ですので、業者に依頼しましょう。

台所の水漏れ原因は老朽化が原因

台所の水漏れの場合、最初に水道の元栓を締めておいて水が漏れる箇所を確認していきます。水道栓を締めないと、水が噴き出したりすることもあるので必ず締めて確認しましょう。ハンドル付近が原因なら、パッキンかこまの老朽化が主になるので新しいのに交換することで直ります。自分で修理するときには、ラジオペンチでハンドル上部についているビスを外して、パッキンをはずし、蛇口の内部にこまがあるので古くなっているなら交換します。また、蛇口の六角ナット付近からなら、パッキンが老朽化していることが多いので、こちらも交換します。ウォータープライヤーで六角ナットを外して、蛇口にあっているパッキンと交換しましょう。ただ、蛇口や排水管に亀裂やひびが入っている場合は、自分では難しいので専門業者に依頼しましょう。台所は毎日水を使うところですから、長年使っていくとどうしても老朽化してきます。自分で対処できる場合はそのまま修理をした方がよいですが、もし手に負えないなときは、新しいものに買い替えた方が良い場合もあります。新しいものにすれば、配管や蛇口なども全て新品になるので、その場しのぎで修理をするよりも根本的に水漏れを直すことが出来ます。

台所の蛇口の水漏れでありがちな原因

台所は、家の中でも、料理をするために無くてはならない設備の一つです。こうした水回りの設備は、他の様々な設備に比べ、使用する頻度が非常に高いため、その分各部品や器具の劣化も早くなってしまうところでもあります。特に蛇口部分は水道の開け締めの際に力がかかる部分のため、内部のパーツ類も劣化しやすい箇所です。内部のパッキンや止水栓が劣化してしまうと、蛇口を締めても水がぽたぽたと止まらない状態が起こってしまい、これがひどくなると水漏れの原因となってしまいます。こうした際は、内部のパーツを交換する必要がありますが、あまり知識の無い素人が修理を行なっても、症状が改善されないばかりか、水が止まらなくなり、台所が水浸しになってしまったという事も少なくありません。こうした修理に余程の自信が無い限りは、水回り専門の修理業者に依頼するのが安全な方法です。こうした業者は24時間修理受付をしているところも多く、電話したらすぐ来てくれるのが大きな魅力です。また、こうした軽度の修理であれば、その場ですぐに修理が完了するため、生活に支障をきたす前にトラブルを解決できるのが大きな利点となっています。

台所の蛇口の水漏れは頻繁に使用するところなのでなおしておきたい

蛇口をきちんとしめたのに水がポタポタとたれる、このような状態は水漏れです。水が漏れる量は少しであっても、時間が経てばかなりの水の量となり、水道代もばかになりません。台所など、毎日使用するところの蛇口であれば、なおさら早めに直しておかないと、漏れる水の量が増える可能性もあります。ポタポタと水がたれている状態の場合、パッキンが劣化している可能性があります。パッキンはゴムでできているため、劣化しやすいのです。また、台所のように使用回数が多い場合、パッキンがだめになる間隔が短くなることが多くあります。パッキンはホームセンターなどで売られており、自分で交換する人も多くいます。大きさなど、さまざまな種類があるので、サイズなどを把握してから買いにいく必要があります。合わない製品を使用すると、かえって漏れる水の量が増える可能性があるので注意が必要です。さらに、コマなどの部品もできれば交換しておくと安心です。交換できる部品を替えても直らない場合や、仕組みが複雑でわからない場合には、水道業者に修理を依頼しましょう。いずれにしろ、早めの対応が肝心です。

台所の老朽化よる水漏れの原因

台所で水漏れが発生した場合、まずは水漏れ箇所を確認します。
水が漏れている箇所を確認した上で、水道の元栓を締めます。
水道栓の元栓を締めずに、排水管周りの部分を開けると、水が吹き出す危険性があるためです。
家庭で対処できる水漏れの症状は、ハンドル付近、蛇口の六角ナット付近からの水漏れで、
もし、蛇口や排水管に亀裂が入っている場合は対処は難しいです。
ハンドル付近の水が漏れている場合、パッキンかこまの老朽化が原因の可能性が高いので、
交換することで直ることが多いです。ラジオペンチを使ってハンドル上部に付いているビスをはずします。
ハンドルを外すと、パッキンがあります。パッキンをはずすと、蛇口の内部にこまが入っています。
蛇口の六角ナット付近からの水が漏れている場合、
六角ナット部分にあるパッキンが老朽化している可能性が高いので、
その交換で直ることが多いです。ウォータープライヤーで六角ナットをはずし、
蛇口に合うパッキンを取り付けてください。

台所の老朽化よる水漏れの対処法

台所は一般的に水回りとも呼ばれて、毎日の生活において水と縁が切れない場所です。
そのため、長年使っていると、どうしても老朽化してしまうのは避けられない現実です。
老朽化していると実感するのは、やはり水漏れが起こった時という人が多いです。
蛇口から流れる水はいつもと変わりなくても、その下の配管から水漏れして、
扉を開けたら水浸しで中に入れていた保存食や鍋類が濡れてしまったという経験をしたという人も、
決して少なくはないはずです。老朽化によって生じた水漏れは、
配管の穴が空いた部分を応急処置としてふさぐこともできますが、
その場しのぎの対応で根本的な解決に至らないのが辛いところです。
根本的に解消しようとするならば、思いきって買換えという選択肢を選ぶという手もあります。
配管も含めて新しい台所のカウンター一式に買換えをすることによって、
単に最新の綺麗な台所を手に入れるだけではなく、水漏れも解消されて節水にも役立つ結果となります。


作業前


作業中


作業後

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

ページトップ