メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

漏水・水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 水漏れお役立ち情報 >

 水道の水漏れや漏水の原因と修理方法

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

水道が漏水した場合に掛かる水道料金は?

自宅にいても蛇口をひねればいつでも好きなだけ水を得ることが可能であり、お風呂や洗濯、料理やトイレに欠かせない存在です。井戸や川原から汲んで来る必要がないので大変便利ですが、ちょっとしたトラブルにより水が出なくなったりパイプが詰まって漏水してしまう恐れがあります。特に水道の漏水は放置しているとどんどん水が溢れてしまうため大惨事になりやすく、無理に修理しようとすると余計に事態を悪化させてしまう恐れがあるのでオススメ出来ません。安全に解決するなら専門業者に修理依頼することが大切です。漏水の原因はパイプの詰まりやナットの緩み、パッキンの磨耗など様々な原因が考えられるため専門的な知識や工具が無いと原因の解明が難しく、修理にも部品の交換が必要なケースが多い傾向にあります。修理を業者に依頼する場合にかかる料金は、部品交換が必要無い簡単な修理の場合は5000円以下で済むので安心です。部品交換が必要な場合も取り外しから清掃、取り付けをしてもらっても10000円以下のケースが多いので、水道の漏水が発生した場合は下手に手を出さずに業者に連絡しましょう。

水道の漏水は素人判断の対処で深刻化させるよりプロに依頼しよう

生活に欠かすことのできない洗面や、トイレ、風呂や台所などの水周りは、毎日使用する場所であるため、定期点検を欠かさず、設備をきちんと整えることが大切なこととなります。そして、このような水周りからの漏水に気付いた場合、自分で勝手に対処せず、すぐに、水周りのプロに依頼することをおすすめします。なぜなら、素人判断による対処で、水漏れをそのままにしておいたり、漏水が深刻化した場合には、水道のメーターが廻りっぱなしとなって、高額な水道料金が発生する場合があるからです。また、アパートや、マンションなどでは、自宅が水浸しになるだけでなく、階下にも水の被害が出るなど、損害賠償に発展して、大事となることもあるので、早目に専門家に依頼することで、トラブルの回避を防ぐようにしたいものです。また、水漏れに対応しているプロは、漏水だけではなく、洗面所や、トイレ、風呂や台所などの排水の詰まりなどにも、適切な処置や修理を行なっていますので、このような水漏れや配管の詰まりなどの水周りトラブル全般には、水周りの専門家であるプロに任せるようにして、素人判断で、危険やトラブルを伴う応急処置はしないようにしましょう。

水道のパッキン部分からの水漏れが止まらないなら

水道の水漏れの原因というのは大きく分けて接合部分の劣化によるものと金属の変形やサビと言った部品の変形の二つが原因となっています。前者の接合部分の劣化によっておこされる水漏れで最も多いのが内部に入っているゴム製のパーツであるパッキンの劣化によりそこから水漏れが起こるという事例です。ただしすべてが劣化により起こるのかと言えばそうではなく、このパーツはゴム製ですので、多少の温度変化や使う環境によって伸縮し一時的な水漏れを起こす場合もあります。その場合は取り換えてもすぐに水もれをおこしてしまいますので、耐熱や耐寒処理を行う事必要が出てきます。仮に劣化により起きていると確認できた場合、一番簡単な対策はその部品を取り換えてしまうという事です。水道を取り換えたり外したりするために必要な工具というのはそこまで特別な物ではありませんし、大抵ホームセンターであれば揃っていますし、そういった場所であれば交換部品も取り扱っています。交換の際には場所によって使われている径が違うのでしっかりと確認するという事と、元栓を閉じてから作業を行うという事を気を付けて作業をしましょう。

水道の水漏れ原因に多いのはパッキンのトラブル

水道の蛇口をしっかり閉じていても水漏れしてしまう場合、それは蛇口のパッキンにトラブルがある可能性があります。蛇口や水道の配管は丈夫な金属でできているので、簡単には壊れたりしないと考えがちです。しかし、配管の繋ぎ目や、配管と蛇口の繋ぎ目にはゴムなどの樹脂製の部品が使われています。これは長年使い続けていると劣化などによってもろくなってきたり、亀裂が入ったりヒビ割れてしまうことがあります。そうなると、蛇口を操作しても水漏れをしてしまい、やがては蛇口を操作しても水が止まらないような状態になることもあります。配管の繋ぎ目に同じようなトラブルが起こると、そこから水が染み出してきたり、糸状に水しぶきが出てくることもあります。このような水漏れが起こった場合には、まずは水の元栓を閉じて、それ以上水がムダに漏れてこないようにします。そして、漏れた水を拭き取ってから、水漏れの修理ができる業者に連絡して修理に来てもらいます。交換する部品は安価なものなので、他の水回りの工事に比べると高額な修理にならずに済むことが多いです。長年住んでいる家では、同じように劣化した部品の蛇口が使われていることもあります。そのため、違う蛇口で同様の修理が必要になることもあります。

水道の根本から水漏れしている場合の修理方法

皆さんはご自宅で水漏れによるトラブルに遭遇したことはありますか、または水道の水漏れに備えて何か対策を考えている方はいらっしゃいますか。今やテレビコマーシャルのみならず、ポストにもマグネットシートの広告で水道のトラブル時の修理を行う業者のチラシが投函されていることがあるかと思います。水のトラブルはいつやってくるか分かりません、例えばアパートに引っ越して来た時に築数十年の家でもリフォームした外壁やフローリングなどはしっかりと新しいものに変えていても水回りは古いままという物件もあります。そういう場合は、どうしても水道管などが古いものを使われているため、腐敗や老朽が進んでいる場合が多く、ふとしたことで破裂したり、漏れに繋がる場合があります、そうすると非常に大変です。まず、どうやって漏れを止めれば良いか、日曜大工や自分でパッキンを交換したことがない方には水道管のメカニズムが分からず、下手に操作する方が危険です。見様見真似で自分で工具を持ち出してあれこれするのは止めた方が良いでしょう。まずは自分で原因が分からなければプロの業者を呼び、そこで原因やノウハウを得ることが重要です。

水道の水漏れ修理はプロの領域

水道が壊れてしまったとき、あなたはどうしていますか。電話でプロを呼びますか、自分でなんとかしようとしますか。確かにホームセンターなどに行くと、自分でなおすための様々なパーツが販売されています。しかし、蛇口の中にはたくさんの部品があり、修理するにはそのうちのどの部分が壊れてしまったから水漏れが起きているのか判断した上で、直さなければなりません。それは、初めて水道の中身を見た人にはなかなか難しいものです。また、排水口のつまりを解消したい場合は、ブラシなどを使っても届かないもっと下層に問題があることが多いです。下水道のつまりや下水管のなかで汚れが固まってしまっている場合などは、素人が自力で洗浄するのはとても難しいです。もしも直ったように見えたとしても、きちんと部品の取り付けや清掃ができていなければまたすぐに元通り。せっかくの努力も水の泡となってしまいます。それならば、初めからきちんとプロにお任せするのが確実で安心です。確かな技術を持っていて、多くのパターンを見てきた専門家だからこそ、壊れた部分をなおすことに加え、これから壊れてしまいそうなところのチェックまで行ってくれるので、安心です。

水道の水が止まらない!そんなときにまずやるべきこと

水道水が止まらない場合、まずは止水栓を占めることが大切です。止水栓は手でひねって閉めるタイプのものもあればドライバーを使用して閉めるものもあります。止水栓がないというときには家の入口付近の水道メーター近くにある止水栓を閉めます。そしてパッキンを調べてみます。パッキンは長年の使用によって摩耗してしまうのです。ハンドルを外して水栓コマとパッキンを確認します。それで摩耗があればホームセンターなどで同じものを購入し交換するのです。そしてハンドルを元に戻し、止水栓をあけてみます。ハンドルをひねったら水道水が出るのですが、ハンドルを閉めた時にもとまらないということがなければ修理は成功です。水道水が止まらなければ使用料金がかさんできますし、水の量が多ければ漏水のトラブルも出てきます。戸建ての家ならまだしもマンションなどの集合住宅なら階下の住民にも迷惑をかけることになります。自分で早急に直すか業者に依頼をして早く対処をすることが必要です。そして自分で修理をする場合、まずは事前に止水栓を閉めることは絶対に忘れないようにしましょう。蛇口から水が漏れ出ている以上に大量の水をまき散らすことになるのでとても重要なことです。

水道水が止まらない場合は業者に相談しよう

日々生活をしている中で切り離せないのが水の存在です。したがって賃貸に住んでいても一戸建てに住んでいても必ず水道水を飲めるようになっています。生活をしていると水道水が止まらない場合があります。その場合、水がどんどん出てきてしまい床が水浸しになってしまうため早めに業者に相談することが重要です。自分で対処しようと思ってもなおせない場合がほとんどです。そして水道水が止まらずに出ている間も水道料金がかさんでいくため料金が増えてしまうのを防ぐためにも早めに業者にきてもらうことが重要です。床が水浸しになってしまった場合は床が傷んでしまうだけではなく、処理も大変です。水を止める以外の料金もかかってしまう可能性があるため早めに電話をかけて指示を仰ぎます。また常日頃から水関係で困ったときに電話をかける業者の電話番号を控えておくことも重要です。そうすることで万が一があった場合はすぐに対応することができます。毎日生活をする空間の中ですぐに目に触れる場所に番号を控えておくことで子供でも電話をかけることが可能となります。一番重要なことは落ち着いて対処することです。

水道の水もれの原因と修理

水道の水もれの原因には色々な物がありますが、大きく分けて経年劣化と外的な要因、そして施行の不備の三つがあげられます。経年劣化とはその名前の通り、過去の水道の場合部品が錆びたり摩耗する事は避けられませんし内部に使われているゴムやプラスチックなどの劣化も対策をしていたとしてもさけることはできません。ただし最近の設備であればしっかりと対策をした水道で定期的な手入れを行えば10年単位で持つものですし、修理自体も大掛かりな事になるのは珍しいので金銭的な負担も少なく済みます。次に多いのが何らかの外的要因で水道管などの破裂や接続部分が壊れてしまうと言うことです。北の方で多いのが冬場の、水を止めるのを忘れていたため凍ってしまい管が破裂したり変形してしまうと言うことですし、山間部などでは動物や虫などが接合部分を埋めるパテははがしてしまい水漏れになると言う事も多いようです。これは状況によってまちまちであるため予算などは一概に言えないのですが、管の破裂などの場合はすべて取り替える事になるのも珍しくないで、取り付けとほぼ同額の金銭がかかることになります。そして最後に施行の不備ですが、相当技術が悪い業者に頼んだり難しい工事依頼するなど行わなったり、個人で直した場合等によく見られます。

水道の水もれの修理と対策

水道が水もれを起こした場合、専門の業者に依頼をしなければ直らないと考える人もいるでしょう。ですが、その状態によっては、素人でも直す事が可能です。自力で直したいと考えた場合、まずはどこから水がもれているか確認する事が大切になります。もれている場所によって、対策や必要な部品が変わってきます。ホームセンターなどによっては、直し方や必要な部品を書いた無料の冊子を用意してくれているところもありますし、ネット等で直し方や必要な部品を確認する事も可能です。ですから、まずは、冷静にその状態を確認し、それに合った部品を購入してくる事が大切です。そして、部品を購入してきたら、重要になってくるのが、メーターボックスの中にある水栓を閉めておく事です。水栓を閉めておかないと、水道を分解した時に、水が吹き出し、水浸しになってしまいます。そして、閉めた後は、状態に合わせた修理を行っていく事になります。ただ、個人で直しても、まだ水がもれ続ける場合などは、他にも原因がある可能性があります。その場合は、しっかりとした業者に依頼をして、本格的に直して貰う事がお勧めです。

作業前 作業中 作業後

料金一覧はこちら

メール・お電話でのお問合せ

ページトップ