メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 トイレお役立ち関連 >

 トイレの水漏れ修理やパッキン交換など修理方法について

トイレの水漏れ修理で最低限知っておくべきこと

トイレの水漏れが少量の時には、このぐらいなら大丈夫だと放置してしまいがちですが、早く修理しないとトイレと床の接合部分が錆びてしまい後に大きな費用が掛かってしまいます、水漏れを発見したら直ぐに、止水栓を止めます。ウォシュレットなどがある場合には、電化製品ですから漏電の心配もありますのでコンセットを抜いておきます。そしてどの部分から水漏れが起きているかをまず確認します。原因で一番多いのがタンクからの漏れです。タンクの外やタンク自体やタンクの内側などをきちんと確認します。調べても原因が分からない場合は、そのまま業者に電話して直してもらった方が被害を最小限に抑える事が出来ます。タンクの中を調べて、中のパーツが少しずれているだけの場合もありますから、その場合は元の位置に戻せばそれで直ります。自分で直す事が出来る場合もありますが、なかなか直せない場合にはあまりいろいろな部品を触らない方が安全です。あまり触り過ぎると逆に失敗してしまい被害が拡大するケースがあります。その為、応急処置を行った後は、プロの業者に連絡して直してもらった方が安全です。早めに専門家に頼む方が、費用を抑える事が出来る場合が多いです。

トイレの水漏れ修理で最低限押さえてべきこと

トイレのトラブルなどは迅速に解決する必要があります。その家庭の生活に大きく関係してきますから、適切な処置をとって、少しでも早期に原状復帰することが必要になってきます。しかし、修理に当たっては最低限抑えておきたい情報があります。その情報をしっかりと取得していないと、大変なことになってしまう可能性もあります。もし、サイズなどが適合しなかった場合には、時間が余計にかかってしまいますし、なにより原因を早期に究明できなければ、そもそも改善策が見つからないので、非常に時間が必要になってしまいます。ですから、トイレの水漏れなどの事態が発生した場合には、速やかに連絡して、サイズや水漏れを引き起こしている場所などを把握しておきましょう。そうしておけば、業者が到着したときに、迅速な作業ができるので、改善が早くなります。しかも、サイズなどを先に連絡しておけば、1回の訪問で全ての事態を片付けることができますから、余計な手間賃を支払うこともありません。金銭的にも時間的にもメリットがありますから、可能な限り必要な情報を収集してから、電話連絡するように注意しておきたいところです。

トイレの水漏れ修理について

日常生活で頻繁に使うトイレが壊れて水漏れしてしまうと、大変不便な思いをすることでしょう。一刻も早く直したいと思って自分で触ってみても、うまくいかなくて状態を悪化させてしまう、なんてこともあります。自分で対応する場合はどうすれば良いのか、業者に任せなくても出来る修理方法はどのようなものがあるか、覚えておくといざという時に助かります。まず、水漏れがあったら、トイレは一時的に使えなくなりますが、一刻も早く止水栓を閉めましょう。閉めることで被害がそれ以上広がらないようになります。次に水が漏れている箇所を探しましょう。床にタオルを引くと、どこから染み出ているかがわかりやすくなります。また、トイレから水が漏れる原因で多いのが、タンクからの漏れです。目視でタンクのひび割れがないかチェックしたり、便器とタンクのジョイント部分や、タンクの中を見て、パーツが劣化していたり、ずれたりしていないかチェックしてみましょう。パーツやパッキンの経年劣化による漏れなら、市販のものを買ってきて、入れ替えれば直るケースもあります。ただし、自信がないのに色々いじってしまうとかえって悪化させてしまう場合もあるので、その場合は業者に任せましょう。

トイレの水漏れの修理は定期点検で予防しよう

トイレの水漏れを予防したいと考えた場合、有効なのが定期点検です。メーカーによっては、一定の年数が経過すると、定期点検をするように促すタイプの物も存在します。ただ、調子が悪くなければ、点検は必要ないと考えてしまう人が少なくありません。ですが、使っていくうちに見た目では分からない箇所が劣化をしていっています。そうした部分は、定期的に部品の交換などを行っておかなければ、突然水が漏れ出す原因となってしまいます。実際に、水が漏れ始めた場合、業者の人に頼み、修理に来て貰い、それが終わるまでトイレが使えないという状態になってしまいます。更に、状態によっては料金が高額になる事も珍しくなく、こうした状態を防ぐには、定期点検を受けておく事が大切です。定期点検を行った場合、点検料や、その際に交換した部品代が必要となり、その出費は抑えておきたいと考える人もいます。ですが、点検を行っておく事で、壊れる可能性が減り、いつまでも安心して使う事が可能となってくるのです。ですから、水漏れ等を予防しておきたい場合、多少面倒でも、定期点検を受けておく事がお勧めです。

トイレの水漏れ修理の原因について

トイレは日常生活において欠かせないものです。もし壊れたら、大きな支障が出てしまいます。また、正しい対応をしないと、被害が大きくなってしまったり、状況が悪化して、業者にお願いしたらい費用が余計に掛かってしまった、なんてこともあります。水漏れの原因にはどのようなことがあるのでしょうか。原因の多くは、部品の経年劣化によるものです。便器とタンク、便器と床をつなぐジョイントには、パッキンが使われています。このパッキンが経年劣化により、ひび割れしたりすると、そこから水が漏れてきます。また、タンクの内部には、便器に水を流したり、タンクの中に水を溜めるために浮きゴムや浮き玉などの部品が使われています。これが、なにかの原因でずれたり、経年劣化により機能不良になると、水が漏れることがあります。自分で修理する場合は、被害がそれ以上広がらないよう、止水栓を閉めて、原因となっている箇所を特定し、可能であれば、市販の部品を購入して取り替える必要があります。ただし、自信がないのにあれこれいじってしまうと、かえって悪化させてしまうこともあるので、ダメだと思ったら、素直に業者に修理を依頼しましょう。

トイレの水漏れ修理の対策方法について

トイレの水漏れに悩んだことがある方は多くいるのではないでしょうか。まずは原因から調べなくてはいけないので大変なものです。あまりきれいな場所ではないので、面倒で放置してしまっている方もいるでしょう。水のトラブルは放置すると、カビを発生させてしまったり、集合住宅なら、近くの部屋の人にも迷惑をかけてしまいます。便器も定期的なメンテナンスをするように心がけたいものです。原因が分かれば、個人でも修理や対策をとることができるので、ひとまず試してみるといいでしょう。たとえば、タンク内で水の音がする場合は、その中でトラブルが発生していると考えて間違いないでしょう。どのパーツが壊れているか確かめなくてはいけません。プロは水の音などでも判断することが出来るようです。水供給に関しては浮き玉にトラブルが発生していないか、よくチェックしましょう。また、修理の際には専門の工具も使うので、何かあったときのためには、このような修理用の工具は必要だといえます。何がいつ故障するかは分からないものです。しかし自分で対処できない場合は、業者に頼んだほうが安全に解決できるので無難でしょう。

トイレの水漏れ修理の方法とは

トイレは水漏れが起こると非常に困る場所で、水をたくさん使うところなのでトラブルが起こったら大変です。できるだけ早くトラブルを抑えるため、修理は自分で行いたいものです。トイレの水漏れが起こったときの一番簡単な改善方法は、元栓を閉めることです。元栓を閉めれば被害は最小限に抑えることができますが、その代わりその間はトイレは使えません。水が漏れる原因で一番多いのが水がタンクから漏れていることで、タンク自体や外側・内側など色々なところで起こっています。何かの拍子にパーツがずれることがあって、簡単に手で直すことができることもあります。パッキンはホームセンターで売っているパッキンで取り替えられる場合もあります。また、現在ではどこのトイレにもあるウォシュレットも、どこからか水が漏れていることがあります。細かいパーツやでこぼこがあってどこから水が漏れているのか分かりづらいです。ウォシュレットもパッキンをホームセンターのものに取り替えられることもあります。またウォシュレットは電化製品なので水が漏れたらコードにかかって火災の原因になってしまうケースもあります。

トイレの水漏れは原因がわからないと修理もできません

トイレの水漏れは、はっきりと分かる場合と何となく濡れている場合とあり、後者の場合には業者の方も直せない場合もあります。直せない場合とは修理の必要がない場合です。水回りは湿気の多い場所で、この湿気により濡れている場合もあります。確認方法としては、可能性のある場所を乾いたタオルなどで拭き確認する方法です。綺麗に水を拭き取ったのに、すぐに濡れる場合には依頼する必要があります。また、原因が分かっていることで迅速に直すことができます。トイレは人に見られていい気分の場所ではありません。しかし、その場所で水漏れをした原因が分かっているならそれを伝えることで、すぐに直すことができます。床が濡れいている場合などでは、流してしまったものによっては便器の中に留まり、便器の中で詰まっていることが原因で水が染み出ている場合もあります。この場合には、便器を取り外し、詰まっているものを取り除くだけで直る場合もあります。この原因が分からない場合には配管なども調べることになり、時間がかかる場合もあります。業者に依頼する場合には、依頼者も的確な状況説明をすることで、簡単に直すことができお互いにメリットがあります。

トイレの水漏れ修理は、場所によって修理方法が大きく変わる

トイレで水が流れたままで止まらないなどのトラブル起こる原因は、ボールタップ部分のパッキンの劣化やフロートバブルの劣化などによる場合が多いです。このような場合はそのパッキンなど部品の修理や交換が必要になります。その時にいきなり部品を外そうとしたら床などの水が流れ出てしまい、水日出しになるので、まずは止水栓を止めて水が出ないようにします。それからタンクのふたを開けてボールタップやフロートバブル、チェーンなどを確認します。取り付けが甘くなっていたら締め直し、パッキンが劣化していたら交換する必要があります。フロートバブルが劣化して水に浮いていない場合はフロートバブルごと新品に取り替える必要があります。ボールタップの場合は弁が劣化している場合もあります。その時は弁を新品に交換します。チェーンが引っかかっている場合は長さを調節してみます。浮き球のアームのねじが緩んでいる場合もあるので確認してみます。これらは部品さえ購入すれば自分でもできる野ですが、自分では難しい場合や不安なときには無理をせずに水道やトイレの水漏れを修理する専門業者に依頼するとよいでしょう。

トイレの水漏れ修理、業者に来てもらうまでのその場しのぎの方法

トイレの水漏れはある日突然起こります。年末年始や長期休暇の間、夜間に発生した場合、すぐに修理に来てもらえるとは限りません。そこで、ある程度の時間、しのぐ方法を覚えておくと安心です。まず、配管からの漏水の場合は、漏水している箇所を見つけ出し、テープを巻いて補強します。漏水箇所が見つけられない場合や、直ちに業者の方が来てくれる状況であれば、バケツや桶を床におき、トイレの床が水浸しにならないようにします。緊急時は、止水栓を閉めてしまうのが確実です。止水栓を閉めた場合、当然トイレの水は流れません。そのため、ある程度の期間修理を待たなければならない状況であれば、バケツと併用して、使用する時だけ止水栓をあけるようにする必要があります。少し億劫ですが、上手くやればかなり長い期間漏水からトイレを守ることができます。床の部分から漏水しているような場合、マンションなどでは、下の階の部屋に染み出してしまい、二次災害を招くおそれがあります。止水栓を閉めて、設置個所を中心に大きなタオルでくるむようにして、水分を吸収させつつ、これ以上漏水が広がらないようにしましょう。

トイレの水漏れ修理はパッキンの交換で解決する場合もある

トイレの水漏れにも数多くの原因が考えられ自分で応急処置できる物は比較的問題にならない事も多いですが、中には水漏れが止まらずに応急処置も難しいケースも有ります。その時は専門の修理業者に依頼する訳ですが、実際に業者が調べてみたら意外に簡単に治る事も少なくはありません。トイレの水漏れは自分が当事者になるといきなり沢山の水が漏れてきますのでパニックになりやすいのですが、その時は慌てずにまずは専門業者に状況を説明して来てもらいましょう。そして業者が調べたら意外にパッキンを交換するだけで解決する事も少なくありませんし、パッキンの交換だけでしたら料金もそんなにかかりませんのでまずは落ち着いて電話をしましょう。自分で原因を調べたり治す事が出来る人であれば業者に頼まなくても自分でパッキンを交換する事も可能でしょうが、多くの人は専門知識は無いと思われますので、とりあえず電話をしてある程度の応急処置をして業者が来るのを待ちましょう。しかし水漏れの原因はパッキンの故障が原因で起きる事も多いですから、パッキンの交換は出来る様に知識をつけておくのもいいかもしれません。

トイレの水漏れ修理は部品交換も視野に入れよう

トイレの水漏れは複雑です。ウォッシュレットからぽたぽたと水が漏れるケースもあれば、タンクが原因で水漏れが起こる場合、さらにはトイレの床から水が漏れる場合もあります。ケースとして一番多いのはタンクの水漏れです。ただ、一口にタンクから水が漏れると言っても、原因はいくつも考えられます。まず疑われるのは、便器に水を流すときにぱかぱかと開閉する浮きゴムが劣化して隙間ができてしまっているケースです。また、オーバーフロー管のパッキンが劣化している場合も考えられます。浮きゴムやパッキングはホームセンターなどで購入できますので、自分で修理することも可能です。また、オーバーフロー管が曲がって浮き玉が途中で引っかかってしまうケースもあります。浮き玉が完全に上がらないと水は止まりませんので、水が便器に流れ続けることになります。このような場合はオーバーフロー管を分解して、正しい位置にしっかりと固定し直す必要があります。しかし、経年劣化で変形してしまっている場合は、部品を交換しなければならないこともあります。自分では判断できない場合や、水漏れが収まらない場合は、業者に連絡を入れて対応してもらいましょう。

トイレ水漏れパッキンがへたる理由

トイレ水漏れパッキンは、消耗部品なのですから長く使っていれば機能を低下させてしまいます。経年劣化が著しくなる前に交換をしておけば、水漏れを未然に防ぐことができます。トイレ水漏れパッキンは常に水にさらされている状態ですが、これも劣化する原因です。パッキンが劣化することで、水が勢いよく溢れだすようになります。場合によっては突然に水漏れが発生することもあります。パッキンの交換は、材料を買ってくれば個人でも行うことができます。作業の方法がよく分からないときには、専門の業者に修理を依頼したほうが無難です。少しでも取り付け方を間違えてしまえば、わずかなすき間からでも水漏れが発生します。しっかりとパッキンを取り付けるためには、それなりのコツが必要です。常に水圧がかかるパッキンは、過酷な環境の中で使われているものです。ゴムであっても、劣化はするということを知っておくことが大切です。トイレには多くの消耗部品が使われているのですから、日頃の手入れを怠ってはいけません。掃除をするときには、ついでに配管の劣化状態を確かめるようにすることで、水漏れの兆候も分かるはずです。

トイレ水漏れパッキンの交換は業者へ

トイレの便器や配管などに目立った傷や破損個所が見当たらなくても、水漏れをしていることがあります。そんな時は、便器や配管の繋ぎ目などから水が漏れだしているのを確認することができる場合があります。原因としては、継ぎ目にあるパッキンの劣化などによってパッキンが割れたりヒビが入ったりしていることが考えられます。そのような場合は、トイレ水漏れパッキンを交換することによって、便器や配管の繋ぎ目からの水漏れは修理することできます。家庭などでまずできることは、トイレの水の元栓を閉じて、それ以上水漏れしないようにします。そして、水漏れしている繋ぎ目部分や便器のまわり、トイレの床などにこぼれた水を雑巾などで拭き取ります。このままトイレを使わないようにするわけにはいきませんので、水漏れ修理ができる業者に電話などで修理の依頼をします。
業者はトイレ水漏れパッキンの交換はいつでもできるように、交換用のパッキンを持って修理に来ることが多いです。そのため、短時間でトイレの便器や配管の継ぎ目からの水漏れを修理することができます。トイレ水漏れパッキンの交換だけであれば、他の水回りの工事に比べると費用は高額にならずに済むことが多いです。


作業前


作業中


作業後

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

ページトップ