メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 トイレお役立ち関連 >

 TOTO便器の修理やトイレ給水管の水漏れなど対策方法を紹介

totoの便器に関する修理はどこに相談すれば良いの?

totoはキッチンや浴室など水回りの商品を扱っている会社でなかでも、トイレの便器は国内の市場で最大手ともいえるほど有名です。水回りの用品では、水漏れなどの故障が多いことに対し、日常生活には欠かすことができず早急な修理が必要になります。totoでは、便器が故障してしまった時のためのお客様サポートのサービスがあります。水のトラブルやつまりをはじめ、音やウォシュレットなど様々なトラブルに365日対応してくれます。このサービスは、totoのホームページか電話で依頼ができます。ホームページからは、受付時間外でも24時間申し込めますし、急ぐ場合は電話で依頼できるので便利です。突然のトラブルに対応するため、自分で行える緊急応急処置の紹介もインターネットでしているため、深夜や休日に水トラブルが起きた場合でも安心です。トイレの故障は、簡単な調整で収まるものもあれば、部品や本体自体の交換が必要な場合もあるので、購入した会社に解決してもらうのがスムーズに進むので良いでしょう。totoなら、各地域に店舗があるのでサービス提供のスピードが速いのも魅力的で助かる点だと思います。

totoの便器の修理は専門の業者におねがいしよう

トイレは日常生活では欠かせない設備です。家庭に設置してある場合には、突然故障をして使えなくなると生活に支障がでます。故障の原因はいろいろと考えられます。自分で修理をすることもできますが、時間がかかってしまうので専門的な業者に依頼をしましょう。トイレの場合には、totoの便器を使っている過程も多いでしょう。また、飲食店や体育館などの設備に使われることも多いです。定期的な点検の結果、水漏れがしていることが判明したら、専門業者に依頼をしましょう。totoの製品を良くしっている専門業者なら、原因を追求するのも難しくありません。故障を解決するだけでなく、アフターフォローを行ってくれる場合もあります。定期的な点検を行ってくれたり、ケアの方法を教えてくれます。定期点検に関しても、業者に依頼をすることで完全にチェックをすることができるでしょう。料金に関しては、故障をした時の状況によって異なります。依頼をする前に、見積を出してもらうといいでしょう。ある程度の料金の概算を出してもらうことができます。実績が豊富で、信頼ができる業者を選ぶのが大切です。

TOTO製品の水漏れはパーツを購入して修理できる場合があります

TOTO製品は水周りのものばかりですので、水漏れの可能性も高くなりがちです。しかし、TOTOは取り扱っている商品の種類も多いですが、使いまわしの効くパーツがあったり、長期的に部品を保管していますし、使用している人も多いメーカーですので、代替商品も多数揃っています。そのため、場合によってはパーツを購入して自分で修理することも可能です。パッキンの交換やパーツの取替えなど、簡単なものについてはやり方もいろいろなところに掲載されていますので、それほど迷うこともありません。パーツを選ぶときには、自宅にある製品の型番などを確認しておくとよいでしょう。店舗で型番を伝えておくと、それに適合するパーツを業者側で探してくれますので安心です。早く水漏れを直したいときには、応急処置をして、自分でできそうな程度であればパーツがあるかどうかを調べ、近くの店舗に問い合わせをしてから購入し、部品を交換するといった流れになります。あまり利用されていないメーカーのものはぴったり適合する部品がなかなか見つかりませんが、TOTOならば比較的どこのホームセンターでも売られています。

とにかくトイレの水漏れを止めたい!そんなときは止水栓を閉めて

一口にトイレの水漏れといっても色々種類があります。ウォッシュレットやトイレタンク、床や便器など様々あり、対応もそれぞれ異なります。いざトラブルが起こったら、慌てずに止水栓(水道の元栓)をしめましょう。当たり前のようですが、被害の拡大を即座に止めることが出来ます。トイレは使う水の量が多いので、一旦漏れ始めると被害が甚大になる可能性があります。水道料金は跳ね上がりますし、共同住宅の場合、床が痛んだ上に階下の方へも迷惑をかける可能性があるからです。栓を止めたら、次に原因を確認しましょう。もっとも多い原因がトイレタンクのトラブルです。タンクのどこから漏れが起きているのか確認しましょう。ここではパーツが正しく機能していないケースが一番考えられますので、パッキンなどが外れていたり、古くなっている場合には、締め直したり、新しいものと交換したりして対策しましょう。またウォシュレットも可能性があります。こちらも細かくパーツによることが多いので確認してください。これ以外の原因があると考えられる時は、修理の必要がありますので、専門業者に連絡しましょう。

トイレの止水栓を占めても水漏れが止まらない時の対処

多くの人が自宅で何らかの水回りのトラブルに見舞われています。長く住んでいると、パイプや配水管などが劣化してしまい、つまりやすくなってしまうのです。また、パイプや便器などにひび割れができてしまうことも非常に多く見られます。このように、トイレの水回りの漏れに悩まされている人も増加傾向にあるのです。そのような場合には、まずは、止水栓を閉じることが効果的です。しかし、止水栓を閉じてもトイレの水漏れが止まらない場合には、どこか他の箇所が破損している可能性も考えられるのです。このような場合には、専門的な知識やスキルを身に付けている専門業者に相談することが重要です。これまでに同じようなトラブルを解決してきた経験も豊富にありますし、高い実績もありますので、安心して任せることが可能なのです。水回りのトラブルについての専門知識や高度な技術を持っている業者は、地域住民からの信頼も非常に厚く、高い満足度を得ているのです。そのため、万が一の事態にも冷静にかつ迅速に対応してくれることができるのです。多くの人々から絶大な支持を得ている専門業者に依頼することによって、素早い対応を期待できます。

修理の排水のトイレ対策方法について

トイレで水漏れが起こってしまうと、日頃大量の水を使う場所ですし、排せつを行う場所でもあるので使えないとなると大問題です。漏水してしまうことによって、床が水浸しになりますし、集合住宅の場合は階下の入居者に迷惑をかけることもあります。気づいた時にはすぐに対策をしなければ大変なことになってしまうので、すぐに対処するようにしましょう。まず原因についてですが、多くが経年劣化による不具合がほとんどだと言われています。タンクやそれぞれのジョイント部分に使用するパッキンが古くなっていたり、ナットやネジの緩みが原因で起きてしまうこともあるのです。多くの原因としては、タンクが上手く機能していない、排水・吸水の結合部のトラブル・ウォシュレットに何らかの不具合、便器まわりの損傷などがあげられます。このような場合、素人ではなかなか対応することが出来ないので、水道修理業者さんに早急に依頼することをおススメいたします。業者さんは24時間対応でいつでも受付をしてくれるので、すぐに修理対応をしてくれるのです。一刻を争う緊急事態でもありますから、すぐに対応出来る業者をあらかじめ探しておくのも手だと思います。

水漏れにおける修理の原因

現在ではトイレが非常に進化をしている段階になり、様々なことが起因として水漏れが発生してしまうことがあります。DIYとして修理可能な範囲と、専門業者によって直すことができるものに分類することもできますが、比較的重症となっている場合では、初めから専門業者に依頼することがおすすめになります。トイレの修理の場合では、一般的に想定されているものとしては、水洗タンクの不具合が発生している内容がメインとされています。水栓タンク内には、いくつものパーツで構成されているものになり、素人では判断が難しい内容を持っているものもあります。例えばボールタップ部分の不具合の場合では、調整を行うことで済ませることができたり、交換が必要なケースも出てきます。また、水道管に関連する内容も多く、継ぎ目部分に取り付けられているパッキンの劣化によって、漏れが発生することもあります。近年ではタンクレスに設定されているものも存在しており、このケースでは壁の内部に水道管などが設置されているために、DIYでは困難な状況にあると言うことができます。様々な事例を解決するには、専門的な知識を持っている業者に依頼することが早期に解決できる理由になります。

修理の排水のトイレ対策方法について

トイレは、生活を行っていく上で非常に重要な地位を占めています。そのため、しっかりとメンテナンスを行うことで、長期にわたって利用するができます。しかし、メンテナンスなどを行っていても、異物や汚物、トイレットペーパーなどが詰まってしまう場合があります。このような詰まりが発生してしまった場合、自分でラバーカップなどを利用して改善を行っていくことになります。このような改善がうまくいかない場合には、専門業者に修理を依頼することになります。専門業者の場合、専用の器具を使用するため、自分で行うよりも簡単に症状を改善してもらえます。専用の器具の中には、高圧洗浄機などが存在しています。高圧洗浄機を利用する場合、配管の老朽化が進んでいると利用できない場合も存在しています。そのため、業者の方に相談をした時点でしっかり施設設備の確認を行ってもらい、専用の器具が利用可能な環境かどうかを判断してもらう必要があります。修理には、ある程度のまとまった費用がかかってしまう場合があります。支払いが高額となってしまうことを避けるためには、しっかりと事前の見積もりをお願いすることが重要となります。

詰まりにおける修理の原因

トイレは日常生活において欠かせないものです。もし壊れたら、日常生活に大きな支障が出て、大変不便な思いをします。詰まる原因はどのようなものがあり、どのような対処法があるのでしょうか。詰まりの原因は大きく分けて3つです。トイレットペーパーを大量に使ってしまい、流す時にかたまりになってしまって詰まるケース、汚物や、謝って便器の中に落とした異物などが詰まるケース、内部にある排水管に、なにかしらが詰まって水が流れなくなるケースです。これらは、節水のためにタンク内部にペットボトルなどをいれることによって、正しい水流を起こせないために起こったり、水栓レバーの大、小を正しく使用しないために、必要な水流を起こせなくて起きる場合があります。また、これらが起きた時に、自分で出来る対処法は、ラバーカップによる吸引があります。便器にラバーカップをくっつけ、上下に何度も動かすことで、中の詰まっているものが吸い上げられ、水が流れていきます。ただし、排水口などの内部のつまりの修理は、専門の知識がない一般人では難しいです。早めに専門の業者に修理をお願いした方が良いでしょう。

破損が原因のトイレの給水管の水漏れについて

家の中の様々な設備の中でも、トイレは一日に一度は誰しもが利用するもので、非常に重要な設備の一つでもあります。トイレなどの水回りの設備では、常に水を使用している事から、水漏れや詰まりといったトラブルも起こりやすい場所となっています。特に古い年式のものになると、給水管やタンクといった箇所が経年劣化によりダメージを受けていることが多く、外観上は気づかなくても、ひび割れや破損といったことが進行している場合があります。こうした症状を放置しておくと、パイプの連結部分や大きくなった亀裂から漏水を起こしてしまいます。症状が軽い、漏れる水の量が少ない時は、配管テープなどで応急処置をすることも可能ですが、一時的な効果しか無いため、プロの業者に修理をお願いする必要があります。特に給水管ごとの交換となると、素人が行うのはリスクが大きく、更に症状を悪化させてしまうこともあります。こうしたトラブルが起こった際は、水回り専門業者に相談することで、出張修理を受けおってもらうことができます。多くの業者は、連絡してすぐに現場に来てくれるので、急ぎの際にも安心して利用することが可能です。

トイレの給水管の水漏れは劣化が原因かもしれません

トイレの給水管の水漏れの原因には、接続部のボルトなどの緩みなども原因として考えられますが、10年以上経過しているトイレでは管や部品などの劣化によって起こる場合があります。水が通る管は、長年使用することで腐食や錆などを起こすことがあり、錆などは給水管などで起こると、他の蛇口からも錆などが出てくる場合もあるので速やかな交換が必要です。また、腐食などにより管がひび割れ水が染み出る場合もあります。また、給水部分にはパッキンや接続部分のボルトなどがありそれらの劣化が原因の場合もあります。これらの劣化の場合にはその部品を交換するだけで解決することができ比較的簡単に修理を行うことができます。パッキンなどはホームセンターなどでも販売されていますので、自分で交換したり修理することも可能です。ただ、年数が経過したトイレでは、様々な部品の劣化が考えられ専門の業者に点検などをしてもらうと安心です。劣化が進んだ箇所を自分で修理することで、他の部分が損傷してしまう場合もあります。今後も安心してトイレを使用するためにも、専門業者による点検や修理がお勧めです。

便器のひび割れ修理について

便器は陶器でできています。一日に何回も、家族で住んでいるのであれば何十回も水を流す機会があり、また洋式であれば使用のたび体を支える物なので、耐久性も高く、そもそも日々の使用で耐久性など考えたことすらない人も多いのではないでしょうか。しかし、落下物による破損や長期使用による劣化などで、いかに耐久力の高い便器でもひび割れることがあります。ちょっとした傷であれば、市販の補修材やテープなどの使用で応急処置をすることもできますが、それはあくまでも応急処置だと思った方が良さそうです。なぜならば、便器のひび割れはやがて水漏れの原因となってしまうからです。もし水が漏れてしまえば匂いも気になり、トイレの床面の劣化にもつながります。少々の傷だからと言ってそのまま放置していれば、やがては便器自体を交換することになってしまうかもしれません。それならば、水漏れが起こる前に修理した方が予算的にも、衛生面でもいいですね。最初にご紹介したとおり、傷さえつかなければ長く使えるものですが、気が付かない間に小さな傷など見落としていることも多いもの。
リフォームするタイミングがあれば一緒に変えてしまうのも一つの方法です。

便器の修理とひび割れで生じる被害とは

毎日の生活に欠かすことの出来ないトイレですが、トイレに設置されている便器からひび割れや水漏れなどの不具合があった場合は、直ちに修理を依頼することが大切です。毎日頻繁に使うため、一度壊れて使えなくなってしまうと、それだけで日常生活に影響が出てしまいます。さて、便器のひび割れの原因ですが、そもそも便器は陶器で出来ているため、硬い物を落として衝撃を与えたり、経年劣化で陶器に自然と傷みが生じたりして、水漏れなどを起こすことがあります。ただ、トイレのタンクからの水漏れなど、別の原因も十分考えられるため、慎重に原因を突き止める必要があります。トイレのタンクからの水漏れの場合、タンク内のパッキンなどのパーツが原因の場合が多いので、不具合を起こしているパーツを交換してしまえば、水漏れは解消します。パーツはホームセンターなどで手に入れることが出来ます。一方、便器の破損が原因で水漏れを起こしている場合は、パテなどを使って破損箇所を補修することによって応急処置を施すことが可能です。しかし、これはあくまで一時しのぎに過ぎないため、一刻も早く専門業者に依頼する必要があります。


作業前


作業中


作業後

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

ページトップ