メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

漏水・水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 つまりお役立ち情報 >

 排水口のつまりや悪臭、水漏れなどのトラブル解消方法や排水管洗浄のススメ

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

水漏れは排水の詰まりが原因です

水漏れの主な原因になるのが排水の詰まりです。例えば、台所では排水管にゴミや汚れなどが詰まったり、劣化や腐食などによって水が漏れます。長年使用していると、老朽化などが原因に内部に錆や異物が付着しやすくなり、機能が低下します。低下が進んでいくと、異物などにより完全に詰まってしまいます。また、詰まっていない場合でも徐々に流れが悪くなるので、負担が大きくなって破損や水が漏れてしまいます。壁の中や床下などの見えない場合は、特に水が漏れていることに気が付きにくいです。水が漏れている配管は、温度が極端に低くなったときに結露などを起こしてしまい、家屋の木材を腐食させたり、カビなどを引き起こしたりします。更に、詰まりが長くなると配管に負担がかかって劣化や腐食などを引き起こします。もし、水道メーターに異常がある場合は、見えない部分で水が漏れている可能性が高いです。風呂場などでも、髪の毛やゴミなどが詰まって水が漏れる場合があります。この場合はこまめに、掃除をしたり、業者に依頼して高圧洗浄をすることで治ることもあります。ただ、築30年以上経過しているアパートやマンションでは、配管が劣化していることもあるので、よく相談してから依頼しましょう。

排水の水漏れは深刻化する前に対処しよう

どこの家庭でもあるのがお風呂場や台所、洗面所などの水周りの部分です。この水周りの部分というものは日常生活の中で非常に使用頻度が高い反面、あまりメンテナンス面に気をかけないところでもあります。特に水周りの排水部分は普段、あまり目にすることはなく、せいぜい年末の大掃除のときにしか目にしないという人がほとんどではないでしょうか。しかし、排水部分というものはとても重要な存在で、汚れてしまった汚水を家の外に排出するという非常に大事な役割を担っています。その大事な部分が万が一、水漏れなどを起こしてしまった場合、家の中が汚水で汚れてしまうだけではなく、さらに深刻なトラブルを引き起こしてしまうケースも少なからずあります。排水部分で水漏れを起こしやすいのは主にパイプとパイプがつながっている接合部分となりますが、このような場所は普段あまり気にも留めていない場所であるため、仮にトラブルを起こしていたとしてもすぐに気づくことはありません。そのため、漏れ水による床板の腐食や、さらにはシロアリなどに大事な家が喰い散らかされてしまうこともあります。
そのようなことにならないためにも水周りについては定期的にチェックを行い、異常を見つけた場合には速やかに専門の業者に修理を依頼することが大事です。

定期的な排水管洗浄のススメ

住居において水場を清潔に保つことは家の著しい劣化を防ぐだけでなく、衛生面を維持するための重要な役割を果たします。特に毎日使う排水施設は水に溶けない髪の毛や滑りなどが流れているので排水管洗浄を実施することが必要になります。排水管は構造上でU字型になっているタイプが多いので汚れが溜まりやすくなる状態になります。特に油脂系の排水物や毛髪などが詰まる原因とされているので常にスムーズに使用するためには適切な排水管洗浄を行うことが重要になります。排水管洗浄は簡易的なものであれば市販されている洗浄剤で大抵の汚れを落とすことができます。わざわざ業者へ依頼するとメンテナンス費が高くついてしまうので洗浄剤を数ヶ月に一回の割合で使っていくことで排水管が詰まる可能性を低くできます。長期間にわたって洗浄を怠ってしまった場合、洗浄剤を使用しても汚れや詰まりが解消されないこともあります。そういった場合は業者にメンテナンスを依頼してもらうことが必要となります。業者に依頼する場合は、緊急でない場合に限り見積もりを出してもらうこともできるので業者を比較する上でも便利です。

排水管洗浄は定期的に行うことが詰まりを予防することに

排水管は、髪の毛や石鹸かす、生ゴミなどが入り込んでしまうため、非常に汚れなどが蓄積されやすくなっています。そのため、定期的な排水管洗浄を行っていく必要があります。排水管洗浄でよく用いられる方法として、高圧洗浄機を使った洗浄があります。このような洗浄を行うためには、専門業者の方に依頼することが重要となります。高圧洗浄機は、非常に効果の高い洗浄方法であるため、大きな効果が望めます。効果が高い分、次の洗浄を行うまでのスパンが長くなるため、お得にきれいにすることができます。業者によっては、洗浄する際の映像をカメラを通して確認することができる場合もあります。このようなサービスを利用すれば、成果をしっかりと確認できるため安心することができます。定期的な排水管洗浄を依頼する業者を選択する場合には、事前に業者の情報を確認しておき、安心して依頼できるようにする必要があります。インターネット上でも情報が確認できるためしっかり情報収集を行うことが重要です。また、見積もりを依頼して、洗浄にかかる費用などをしっかりと把握しておくことが、後のトラブルを防ぐために必要となります。

排水が悪いと思ったらやっておきたい水漏れを予防する処置

水のトラブルは様々なトラブルが有りますが中には事前に予防しておく事でトラブルを回避できる物も有りますので、日頃からの手入れも重要な場所も有ります。例えば排水パイプなどの詰まりなどは詰まる前に洗浄剤などで掃除しておく事で水漏れの危険性を減らす事も十分に可能です。水漏れには必ず原因が有りますので原因によっては業者に依頼しなければいけない場所も有りますが、排水のトラブルは基本的に管の老朽化やトラブルで無い限りは、日頃から大きな詰まりになる前に詰まっている毛などを掃除して綺麗にしておく事である程度の水漏れの予防は出来ます。もし奥深い所の詰まりであればパイプスルーの様な詰まりを流す洗浄剤も市販で売っていますので、寝る前に管の中に洗浄剤を入れてぬるま湯を少し流しておけば、翌朝きれいにつまりが治っていますので大事になる前にちょっとしたひと手間で水漏れの予防をする事が誰にでも出来る簡単な事とも言えます。深い詰まりになってしまうと業者に修理を依頼しないといけませんので、週に一回くらいのペースで構いませんので洗浄剤を流しておく事で一大事になる前に予防する事が出来ます。

排水関係の水漏れはパイプの劣化の可能性を疑おう

水漏れトラブルでもトイレと同じ位多いのが排水関係のトラブルですが、このトラブルは基本的には詰まりが原因の物も多く洗浄剤などで予防する事も出来ますが、それでもトラブルが治まらない場合はパイプの劣化によるトラブルの可能性も出てきますのでその可能性が考えられる場合は修理方法は交換しか無くなりますので、迷わずに修理業者に依頼しましょう。老朽化したパイプを放置しておくと水漏れはどんどん悪化していきますので、何回か詰まりを治す作業をしてみてそれでも効果が出ない場合はすぐに専門の業者に電話して、状況を詳細に説明して一度来てもらいましょう。そして業者がパイプの劣化によるトラブルである説明が有ったら、すぐにパイプを交換する様にしましょう。特に古い家ではパイプの使用期間も長い家も多いかと思われますので、パイプの詰まりが治らない場合はパイプ自体が劣化している可能性が充分に考えられますので、何年も同じパイプを使用している場合はパイプの老朽化の可能性も高いのでまずは専門業者に電話して、業者に調べてもらいパイプの交換などの修理をしてもらう事が必要になります。

つまりトラブルを起こさないための日頃の心得

生活をしていく中では、水回りというのはとても重要になります。例えば、トイレや洗面所、お風呂場、キッチンなどがあります。それぞれの箇所について、普段から気をつけて管理することができれば、特に問題もなく、スムーズに毎日の生活を送ることができるでしょう。それでは、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。水回りでは、特に異物などによるつまりのトラブルがあったりするのです。トイレでは、備え付けのトイレットペーパーのような水に溶ける材質のものを使うようにします。ナプキンなど、物を落としてしまったら、流さずに取り除くようにしましょう。洗面所では、髪の毛などの異物は排水口からこまめに取り除くようにしていきます。お風呂場では、やはり髪の毛やせっけんかすがたまりやすいので、その都度取るようにします。キッチンは、毎日のお手入れが大切です。油ものは、パイプの中でこびりついたり、固まりやすいので、定期的に薬剤を使ったり、熱湯を流すようにするといいでしょう。このように、家庭での水回りのつまりは、日頃の心がけで防ぐことができるのです。こまめに扱っていくことが大切です。

水のつまりトラブルは心がけ次第で防止できる

家庭内でのトラブルや設備の故障などの大半は水回りで起こっている場合が多いです。そのため、様々な原因を考えたり回避することによって、防止することができる場合もあります。特にトイレや洗面所などで起こってしまうつまりに関しては、ものを誤って落としてしまったり、固形物を流してしまうことなどが主な要因ですので、落とさないように気をつけたり、子供が使う時には一旦、栓をしておくことも解決策になります。そして、網状のふたをしておけば、一旦落としてしまったものも拾うことができます。さらには、トイレに関しては、紙を使いすぎないことや、紙の使用が少しの段階で一度流してその後にまた使用するという方法でも、ある程度はつまりを防止することができます。水回りのトラブルの多くは、常日頃の心がけで最小限に抑えることができますし、節水しながら生活したり、パッキンやネジの劣化などに早く気付くことによって、ある程度は回避することが可能となります。また、少しずつ変化が出てきたときは、たとえ大丈夫であると思っても水回りのプロフェッショナルに相談して解決しておくことが重要です。

プロは排水口の詰まりをこうして解消する

排水口の詰まりを、自分で改善するために効果的な方法を、プロの方が教えてくれます。これは日本洗浄協会のサイトでお伝えされている方法になります。まず排水口の詰まりをラバーカップで改善するには、原理を理解しましょう。多くの方はこれを押す圧力で使用すると思っているのですが、本当は引く圧力で改善する方法になるのです。使い方は、初めに洗面台などで行う場合には、力が逃げないように、オーバーフローの排水口(上の方の穴)にガムテープなどを貼るようにいたしましょう。次に排水口にラバーカップをひったりとあてて、水を溜めていきます。この時ラバーカップが浸かる程度まで水を入れるようにしてください。そうしたらゆっくりとラバーカップを押していき、一気に引きます。この方法で1回で改善することもありますが、本来ラバーカップは何回も繰り返すことで、改善する方法になりますので、効き目があるまで何度も何度も繰り返すようにいたしましょう。このほかにも日本洗浄協会では簡易ワイヤーを使った方法やパイプ洗浄剤を効果的に使う方法などが紹介されていますので、参考にしてみてはいかがですか。

排水口の詰まりが水もれ原因になることも

台所で洗い物をすると足元の床から水が漏れてくる、お風呂場の浴槽と床の隙間から浸水が起こっている、トイレの便器と床の隙間から水が滲みだしてくるなどというような場合、排水口の詰まりが原因で水もれが起きていることがあります。普通に考えても分かることですが、排水口は、その名前が示す通り排水の通り道への入り口です。つまり、そこが詰まってしまうと当然、流れていくはずの排水が行き場をなくしてしまい、違う場所から溢れ出てしまうことになるのです。これが詰まりが原因の水もれといえます。特に排水口が詰まってしまいやすいのは、台所やお風呂です。例えば、台所では調理中、使った食材の残りカスや欠片、油汚れなどをシンクに流してしまうことも少なくありません。こうしたものが配管を詰まらせてしまうことがあるのです。ですから、予防するためには生ごみネットなどを使用して、こうした調理中のゴミが配管に流れ込んでいかないようにすることが重要です。またお風呂の場合は、石鹸カスや汚れが髪の毛とからまってヘドロ化してしまいやすいものです。そうならないようにするためには、お風呂上りに排水口を掃除するように心掛けることが一番です。また排水ネットなどを利用するのもおすすめです。

排水のつまりと悪臭を解消する方法

排水のつまりと悪臭を解消する方法としては、まずとても大事なことは排水する際に、「余計なもの」を流さないことです。この余計なものとは、例えば洗面所であれば髪の毛などです。また、台所であれば、お米のとぎ汁や、油っぽいものをそのまま水洗いしてしまうと、トラブルの原因になってしまいます。このようなことをしてしまうと、悪臭が発生する原因になってしまいます。しかし、これらを流してしまって、悪臭が発生してしまった場合には掃除をすることで、悪臭をなおすことが出来ます。例えば、「重曹」を使って、排水のつまりを直すことも出来ます。普段、お皿やお鍋を洗う際に、一緒にスポンジなどで、汚れを洗えば、こまめに悪臭を取り除くことも出来ます。重曹を使う理由ですが、重曹は、他の台所用洗剤と比べても、体にも安全とされているため、とても使いやすいです。体に優しいため、アレルギーなどの心配が、他の洗剤などと比べてもありません。排水溝に、大さじ一つくらいの重曹をまぶし、その後に、少しだけ酢を、上から入れます。40分程度待ったら、掃除を開始してください。ゴシゴシと洗います。これで悪臭を取り除けます。

お風呂場の排水のつまりに一発で効果がある洗剤の選び方

お風呂場の排水がつまって大変という経験をお持ちの方は意外と多いでしょう。本気でつまる前に、素人でも解消できる程度なら、市販の洗剤を使ってつまりを解消することも可能です。つまった排水管を、きれいに出来る洗剤はいくつか販売されています。しかし、どれでも効果があるとは限りません。そこで一発で効果のある洗剤の選び方をご紹介します。まずは成分を確認しましょう。正しい使い方をするのであれば、塩素系の洗剤がお勧めです。ただ、換気をしっかりするのはもちろん、他の洗剤と混ぜて使うのは厳禁です。というのは有毒ガスが発生する可能性があるからです。効果が強い分、使用には注意が必要なのです。また、ドラッグストアなどで販売されている塩素系の洗剤を使っても問題が解消されないような場合、通信販売を利用するという方法があります。最近ではプロが使用する洗剤も、こういった形で購入することも可能です。プロ仕様というと値段が高いというイメージですが、意外としないというのが特徴です。市販のものよりは高いですが、業者に依頼をするよりはよほど安い値段でつまりを解消できるからです。

排水の詰まりを放っておくとどうなる?

排水の詰まりを放置しておけば、日常生活に支障を与えることになります。有機物が堆積して詰まりを発生させている場合は、夏場になれば異臭を放つこともあります。外に異臭が広がって近所迷惑になることも十分に考えられます。お風呂の場合では、髪の毛がたまることが多くなります。髪の毛が次第に絡み合って大きな塊となって、排水口の中で滞留してしまうと、水の流れが完全に止まってしまいます。台所では、生ゴミの処理をするために三角コーナーをシンクに設置します。三角コーナーの網目が大きくてすき間があれば、細かい食べかすが排水口へ流れてしまいます。この状態では下水を著しく汚す可能性があると同時に、水の流れを止めてしまうこともあります。生ゴミも堆積すれば大きな塊となります。油分が含まれる場合は、強力に粘着してしまいます。台所の排水口を清潔に使うためにも、三角コーナーには網目の細かい袋を取り付けるようにします。お茶がらなどが流されないように十分に配慮して使い続ければ、最悪の事態は防げます。定期的に専用の洗剤を流して、髪の毛や油などの異物を溶かすようにすることも有効な方法になります。

排水の詰まりには素人では検討もつかない原因がある場合がある

排水の詰まりが発生してしまった場合、流れないだけではなく、悪臭が出てしまう原因にもなってしまいます。すべての排水に食材や髪の毛などが詰まってしまった場合に悪臭を発生させてしまいます。原因として、そういったものがたいていなのですが、素人ではわからないような原因もあります。長い間使われているパイプの場合には、長い年月で油汚れなどがこびりついて水が流れるところを狭めてしまったり、髪の毛や汚れが原因で雑菌が繁殖してぬめりが発生してそれが固まり大きくなっていったりといった素人では直すことが難しいものがあります。パイプの汚れを落とすものが市販でも売られておりますが、何度やっても完全にそういった汚れを取ることができるものではありません。普通に食材などが一時的に詰まってしまった場合には水を勢いよく流すことによって詰まりが取れる可能性はありますが、長年かかって詰まってしまった汚れなどが原因の場合にはどうすることもできません。そういった場合には、業者に頼み、パイプを交換してもらったりしなければ、自分で治したりすることは難しくなります。素人判断だけではどうにもならないことがあるので、そういった場合には業者に頼むことがベストです。

排水の水漏れトラブルでありがちな事

排水の水漏れは、汚い水が漏れるため、早めに対処しないと衛生上も良くありません。水漏れの原因として多く見られるトラブルとして、排水口や管のつまりがあります。トイレなどではトイレットペーパー以外のものを流したり、トイレットペーパーを一度に大量に流すことでつまりが生じます。また、一時期、節水の方法としてトイレのタンク内にレンガや水を入れたペットボトルなどを沈めてタンク内の水の量を減らすという方法がありましたが、これにより必要な量の水が流れず、つまりの原因となるケースもありました。お風呂場などでは髪の毛などにより、つまりが生じることがあり、台所では生ごみなどが原因となることがあります。入口に物が詰まっている場合には、それを取り除くことで水漏れが改善されます。しかし、管の中ほどなどに物がつまってしまった場合には、素人ではなかなかそれを取り除くことはできません。そうなった場合には、専門の業者に修理を頼む必要があります。また、その他の原因として、管のつなぎ目がずれていたり、管にヒビなどが入っていることなどもあります。管が劣化している場合には今後のためにも交換した方がよいことも多くあります。

水漏れや排水によるトラブルは珍しいことではない

水漏れや排水による、トラブルなどは、決して珍しいことではありません。どこのご家庭でも、必ず年に1回程度は、何かしらの水漏れや排水のピンチに見舞われていることがあります。例えば、どのようなものがあるかというと、台所で、水をつかっていた際に、急に水が漏れだしてしまった…ということや、お風呂場を使っていた際に、水がうまく流れない…流れていかない…つまってしまった…というような状態が多々あります。これらの原因としては、お風呂場でしたら「髪の毛のつまり」であったり、台所であれば「油分の多いものが流れてしまった」や「掃除がうまく出来ていなかった」などがあげられます。しかし、それほどショックに思われる必要はなく、よくあることなので、心配は不要です。このようなことは、決して珍しいことではありません。万が一、このようなことが起きてしまった場合には、自分で何とか出来る場合には、自分で何とか修理を行えばよいですが、それらが難しい場合には、業者さんに素早くお願いすることも大事です。自力でなおそうとして、色々な部品を購入してしまっても、うまくいかないことがあるので、業者さんに素早く頼むことも大事です。


作業前


作業中


作業後

料金一覧はこちら

メール・お電話でのお問合せ

ページトップ