メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
コラム

漏水・水漏れ修理なら住まいる水道グループTOP >

 コラム一覧 >

 お風呂お役立ち情報 >

 お風呂の排水溝つまりや水漏れの原因。修理は業者に依頼が正解!

迅速に駆けつけます!

トイレの水漏れ・詰まり
蛇口の水漏れ
台所の修理
洗面所の故障
漏水対策
トイレ・水回り 悪臭対策

排水溝のつまり、お風呂の場合に考えられる原因とは

どんなに綺麗にお風呂掃除をしていても、排水溝のつまりだけはなかなか防ぐ事ができません。何故こまめに掃除をしていても排水溝はつまってしまうのでしょうか。その原因は水道管の中で増殖するカビにあります。水道管の中という性質上、乾燥が難しいのでカビを防ぐ事は不可能に近いのです。その為どれだけ細かく掃除をしても排水溝がつまってしまう事態に発展してしまうのです。ですので1ヶ月に1度はカビ取りをおこなうようにしましょう。普通のお風呂掃除ではカビを取り除く事が難しいので、市販されている排水溝用のカビ取り剤を活用してカビを除去する必要があるのです。カビ取りを毎日した方がいいのではないのか、そう思われる方もいらっしゃるとおもいますがつまってしまう程のカビの繁殖は数日で起きるものではありません。またカビ取り剤は非常に強力な薬品であり、人体にも影響が出ないとは限りませんので1ヶ月に1度程度で使用されるのがいいのです。またカビ取り剤の中にも比較的優しいものがあります。そういった商品は1週間に1回程度の頻度で使用できるようになっていますので、気になられる方はそれらの商品を利用されると良いでしょう。

風呂の排水溝のつまりは異物を流してしまうのも原因の一つです

お風呂の排水溝がつまると、とても嫌なにおいがお風呂場に充満してしまいます。これは、異物が流されたことによって、トラブルが生じてしまうためです。排水溝に異物が流されると、そこから先には、水やお湯が流れてくれません。そのため、大きなトラブルとなってしまいます。異物としては、例えば髪の毛であったり、体を洗ったりする際の油分を含んだ石鹸などであったりします。髪の毛は、家族でたくさん洗ったりすることで、チリも積もれば山となる…というような状態のように、どんどんと流されて、異物になってしまいます。また油分を含んだ石鹸なども、手に落としたものを気付かずに、排水溝に流してしまった場合、固まってしまって、異物となってしまいます。これらがつまりの原因となってしまうのです。そのため、十分に注意が必要です。また、お子さんが、あやまっておもちゃなどを持ち込み、それが入ってしまって、排水溝が小さなおもちゃでつまってしまうということもありますので、注意が必要です。髪の毛を洗った後には、十分に注意をし、こまめな掃除をすることで、異物を取り除けるように注意しましょう。

お湯の温度が安定しない

給湯機の下から少しずつ水漏れしてしまう、というトラブルがあります。
機器トラブルには違いないのですが、機器の故障というよりも、
単純に機器の劣化であることが多いので、ガスの定期検査は必ず受けるようにしておきましょう。
ガスの定期検査というと、キッチンのガスコンロがメインになりがちですが、
給湯器が気になる場合には、定期検査担当者に質問してみましょう。
給湯器が屋外に設置してあると、給湯機の下から少しずつ水漏れしているのか、
それとも雨水で濡れていたりするのかが判別しにくいことがあります。
そこで覚えておきたいのが、お風呂の浴槽に、お湯を入れる時の水漏れチェックです。
お風呂を使用してしまっていると、なかなか屋外の給湯器をチェックするのは困難です。
しかし、お湯を浴槽に入れている時ならば、屋外の給湯器を確認できます。
お湯が設定温度表示よりも冷たく感じられたら要注意です。
給湯器から水漏れしていて、その度合いが強まってきてしまうと、
給湯器によっては機器のパネルにエラー表示が出て、水しか出てこなくる場合もあります。
エラー表示が出たらガス会社に連絡しましょう。

じめじめしてカビが生えている

風呂場の掃除はしているつもりでも、やはりカビの問題が起きやすいです。
しかし、目に見えてわかるその問題だけではなく、その裏では、
同時に水漏れの心配があることに気づく人は決して多くはないという状況です。
カビが生えているということは、そこを含めた一帯空間がじめじめと湿った状態が続いているということです。
何故、そのような状態が続いてしまうのかということまで考える必要があります。
風呂を使い終わった後は、窓を開け放して湯を抜いて、
ちゃんと空気の入れ換えをして湿った空気を出しているはずだと思う人がほとんどです。
しかも、掃除も定期的にしているのにという人も多いです。
でも、どうしてかカビ発生の状況があるのならば、
風呂場で水漏れが発生している可能性を考える必要があります。
もしかしたら給油パイプ、もしかしたら配水管、もしかしたらバスタブ床が壊れている、
など様々な状態が引き起こされていることによって、
ちょっとした水漏れが起こっていたために他の問題状況も生まれた可能性があるのです。
ほったらかしておくと、さらに状態は悪化するばかりですから、早め早めの対応を心がけることが大切です。

在来風呂の排水管のつまりの解消方法

家の中の水回りでのトラブルは付きもので、お風呂場も代表的な一つの場所であり、排水管のつまりとして悩みの種となり、毎日の掃除が決め手となってきます。何処の家のお風呂場でも、水が流れる排水溝のところには受け皿があるのですが、その部分に掛って取れるものばかりではなく、その網目からすり抜けて流れていってしまうものもあります。人が洗髪するなどで、抜け落ちた髪の毛などが代表なものであり、受け皿で取れなかったものに関しては、水の流れと共に配管の中まで流れていきます。髪の毛は他の汚れと違って、そのまま残ってしまうので、溜まった結果が原因となる場合が多いものです。排水の流れが良くないと思った時には、市販で売られているような、簡単な洗浄剤や液体によるもので、原因となっている髪の毛や汚れを、溶かして落とすものを使用すると良いのです。毎日の小まめな掃除が、その原因になってしまうことを遅らせることにつながり、自分だけでいつでも簡単にやれる方法となります。手抜きが続き、配管の中まで汚れが溜まってしまうと、手に負えず、専門の業者の手を借りることになってしまいます。

風呂の排水管のつまりは十分に水を流すことで予防できる

風呂場では髪を洗ったり、石鹸を使用したりするので、排水管にそれらが溜まりやすく、放置しておくとつまりの原因になってしまいます。またシャンプーのキャップや詰め替え袋の切れ端などが流れてしまって詰まる場合もあります。そして排水管が詰まると使用した水が流れにくくなるだけでなく、そこに溜まった水に細菌が繁殖して悪臭のもとにもなります。詰まってから治すのはなかなか務図かくて業者に来てもらうことにもなるので普段からつまらないようにすることが大切です。何かの容器のキャップや袋の霧箸などが詰まった場合はそれを取り除かなくてはなりませんが、髪の毛や石鹸かすなどはそれらを除去するネットを使用したり、普段から強めの水で十分洗い流すことで予防できます。ネットを使用すると、ふたなどの物体が流れていくことも防げます。水の流れが弱いと、そこに浮遊したり沈殿したりしているものは流れにくくなります。だから風呂ならシャワーを使って十分に水を流すことで、ヘドロのようにこびりつくまでに流れていくので詰まることも防げるということです。十分に水を流すだけなら簡単な方法なので誰にでもできる予防法でしょう。

手に負えないお風呂の排水の詰まりは業者に依頼するのが安全

手におえないお風呂の排水の詰まりは、とても困るものです。これらは、自分で無理になんとかしようとするよりも、業者の方にお願いすることの方が良いです。お風呂の排水が詰まってしまう原因として、一番大きなものが「髪の毛がつまってしまう」ということがあげられます。これらは、とてもよく起きるトラブルの一つです。髪の毛は、洗う度に、必ず頻繁に落ちて流れてしまうので、こまめに掃除をしなければなりません。しかし、こまめに掃除をしていても、手におえないお風呂のつまりは発生してしまうものです。これはなかなか、完全に防ぐということは難しいです。なぜならば、こまめに掃除をしていても、必ずシャンプーやリンスをするたびに、髪の毛は必ずおちて、流れてしまうためです。万が一、手におえない状態になってしまったら、すぐに業者の方にきていただいて、直してもらった方が、安全ですし、早いですし確実です。自分で何とかやってみても、どうにもならない時の方が多いので、大変な時は、すぐに業者に依頼することが安全です。ぬめりやトラブルをとろうとして、間違えて薬品などをいじってしまい、余計に大きなトラブルになってしまうこともあるからです。

風呂の排水詰まりは排水溝にネットをかけて予防

風呂場は髪の毛などが流れることが多いですし、シャンプーやボディソープなどで落とした汚れが粘性を持っており、流れずに排水溝に滞って詰まりの原因となることも珍しくありません。元々網がかけてあって大きな髪の毛や汚れは取り除くことができるようになってはいますが、長期的に使用するとどうしても髪の毛が網の隙間から流れていくことが多いですし、カビや雑菌の繁殖によってぬめりが生じて詰まることもあります。風呂場は毎日のように利用するところですので、こういったトラブルが深刻になる前に予防策を講じておくことをお勧めします。定期的に汚れを取り除くような薬剤を流すというのもよいですが、目の粗い網だけでなく、さらに目の細かいネットをかけて汚れをより多くブロックするというのも一つの方法です。ただし、網目の細かいネットはすぐに髪の毛などで目が詰まってしまいますので、こまめに取り換える必要があることは注意しておきましょう。きちんとネットを取り換えていれば大きなゴミが排水溝に流れ込むことも少なくなりますので、かなりお風呂のトラブルを防ぐことができておすすめです。

浴室の排水口詰まりの原因が不明の場合

浴室の排水口が詰まると、水が流れなくなるため、浴室の洗い場やバスタブに排水が逆流する場合もあるので、困ってしまいます。そして、詰まりの原因がよく分からない場合には、専門の業者さんに依頼すべきです。なぜなら、排水溝の下には、排水の悪臭が出ないようにし、そして、排水が逆流しないようにする「トラップ」というものがあり、浴室の排水が詰まるという現象は、このトラップや排水管自体に髪の毛・ゴミ・油等が詰まっていたりすることがほとんどですが、このトラップや排水管の形状が様々で複雑だからです。つまり、慎重に対応すべき事なので、専門業者さんになるべく状況を詳細に伝え、考えられる原因・大まかな見積もり・作業時間等を確認して、依頼するのがベストです。特に、マンションやアパートの集合住宅の場合には、排水管は他のお部屋の排水管にもつながっているので、必ず、管理会社やオーナーさんに対応策や費用負担に関しても相談し、自分から専門業者さんに依頼すべきか等も確認するべきです。このように、浴室の排水管が詰まった場合には、どのような状況なのかを確認した上、専門業者さんに依頼するのが賢い方法です。

浴室の排水口が詰まったらまずは市販の専用洗剤を使ってみよう

浴室というのは、家族みんなが一日の汚れを落とす場所なので水回りの中でも特に汚れやすい場所ですし、水のトラブルが多い場所でもあります。浴室での水のトラブルでもっとも身近なのが排水溝の詰まりです。シャンプーやコンディショナーなど粘度の高いものが使用される場所ですし、石鹸カスや皮脂などの体の垢も出やすいので、キッチンや洗面所に比べてつまりやすいのです。特に長い髪の毛にそれらが絡むとほとんど水が排水されなくなって足元に水が溜まってしまうことすらありますから、髪の毛は全員が入浴した後に毎日取り除いたり、排水溝用の髪の毛取りのグッズなどを設置するようにするといいでしょう。そうした努力をしてもパイプの中にヘドロや髪の毛がたまることはよくありますので、市販の洗剤を上手く活用してクリーニングしましょう。最近はパイプの中の汚れを溶かして洗い流してくれる洗剤がありますので、修理業者を呼ぶ前にまずはそれで対処してみてください。使い方はとても簡単で、排水パイプの中に洗剤を流し入れ、所定の時間放置したのち、シャワーなどで洗い流せば完了です。こまめに掃除して流れの良い浴室にしましょう。


作業前


作業中


作業後

料金一覧はこちら

メール・お電話でのお問合せ

ページトップ